南草津あおぞらクリニック

ご予約 / お問い合わせ
077-567-8101

南草津あおぞらクリニック

MENU

肛門外科

Medical

肛門外科

当院では肛門疾患の診察、治療を行っています。

現在、痔疾患は国民病と言われるほど多くの人が悩まされています。成人の3人に1人は痔を持っていると言われていますが、自覚症状のない方も多く、実際にはもっと頻度が高いと考えられています。非常にデリケートな部分であり、特に女性は受診をためらう方も多いと思いますが、放置すると悪化したり、まれに大腸の病気が判明する場合もあります。

当院では丁寧な診察を心がけていますので、下記のような症状がある方はお気軽にご相談ください。

  • 排便時に出血する
  • 排便時に痛みがある
  • 肛門からできもの(痔核)が脱出している
  • 肛門にあるできものが急に痛くなってきた
  • 肛門周囲から膿がでる
  • 肛門周囲にかゆみがある

よくみられる症状

肛門からできものが脱出している

内痔核、肛門ポリープ、直腸脱などが考えられます。比較的まれですが、直腸にできた大腸ポリープが脱出する場合もあります。

肛門から出血する

最も良く見られる症状で、肛門由来の場合は痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)などが考えられます。しかし、出血の原因が肛門でない場合は、大腸憩室症や大腸がん、大腸炎などの可能性があり専門施設での精査が必要です。

肛門が痛い

裂肛(キレ痔)、血栓性外痔核、肛門周囲膿瘍、または脱肛などの疑いがあります。

肛門から膿がでる

肛門周囲膿瘍、痔ろう(あな痔)の疑いがあります。

肛門がかゆい

肛門部皮膚炎(湿疹)のほか、時に肛門部白癬、肛門部カンジダ症の疑いもあります。

痔核(いぼ痔)

肛門付近の組織に負担がかかり、血流が悪くなることでうっ血し、静脈がこぶ状に拡張したものが痔核です。発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

内痔核

肛門の内側(歯状線の内側)にできるのが内痔核です。内痔核で最も多い自覚症状は排便時の出血です。内痔核は初期の場合は痛みを伴うことはありませんが、進行して痔核が大きくなり、肛門管外へ脱出して戻らなくなると(嵌頓痔核)、強い痛みを伴うことがあります。

外痔核

肛門の外側(歯状線の外側)にできるのが外痔核です。外痔核で多い自覚症状は肛門痛です。特に外痔核内で出血して、急激に腫脹してきた場合(血栓性外痔核)は、非常に痛みが強く椅子に座ることも難しくなることがあります。

痔核の治療について

内痔核も血栓性外痔核も軽度の場合は、軟膏や座薬などの薬物療法で保存的に治療を行い、排便の方法や生活習慣などのアドバイスを行います。
内痔核からの出血や脱出症状が強く、保存的治療で効果が不十分な場合、当院では局所麻酔下での※痔核硬化療法(ALTA注射、4段階注射法)を行います。
さらに痔核が進行して、局所麻酔下での治療が難しい場合(全周性の脱出性内外痔核など)は近隣専門病院へ紹介させて頂きます。

※痔核硬化療法(ALTA注射、4段階注射法)
「ジオン注」を内痔核に直接注入することによって、痔核を形成する静脈瘤に炎症を起こし、器質化させることで痔核を縮小する治療法です。

痔の予防

  • 便秘・下痢の予防
    食物繊維を取りましょう
    便意がある時に我慢をせずトイレに行きましょう
    トイレは長くても3分以内にし、長時間座るのはやめましょう
  • 規則正しい生活
    きちんと睡眠をとりましょう
    シャワーではなく、入浴することを心がけましょう
    座りっぱなし、立ちっぱなしをなくしましょう
  • 暴飲暴食をしない
    1日3食バランスの良い食事をとりましょう
    特にアルコール・香辛料の取り過ぎに注意しましょう
  • おしりを清潔に保つ

裂肛(急性・慢性)

慢性便秘や下痢に伴い肛門上皮が切れる状態のことで、きれ痔やさけ痔と呼ばれたりします。痛みや出血をともない、急性裂肛と慢性裂肛があります。

急性裂肛

傷は浅く、排便時に痛みや出血をともないます。

慢性裂肛

裂肛を繰り返すと傷が深くなり、潰瘍になります。患部の口側に肛門ポリープ、肛門側に見張りいぼ(スキンタグ)を形成することがあり、潰瘍、肛門ポリープ、見張りいぼは慢性裂肛の3徴と言われています。

裂肛は食事や生活習慣の改善、便通の調整と外用薬で大部分が軽快しますが、肛門狭窄が強く、保存的加療で治療効果が十分に得られない場合は手術治療が必要になります。

肛門周囲膿瘍/痔瘻(痔ろう)

肛門周囲膿瘍は下痢などにより細菌が肛門陰窩から侵入し、直腸肛門部周辺の皮下、粘膜下、筋間などに膿がたまる病気です。肛門周囲膿瘍が自潰したり、切開・排膿されたりして膿が出た後に膿のトンネルができたものが痔瘻です。

肛門周囲膿瘍/痔瘻の治療

肛門周囲膿瘍の治療の原則は切開排膿です。速やかに切開排膿を行うことが原則ですが、糖尿病などの基礎疾患がある場合は重症化(壊死性筋膜炎)するリスクもあるため、抗菌薬の投与も含めて慎重な対応が必要です。
痔瘻は自然治癒はまれで、基本的には瘻孔の開放、切除が行われます。クローン病に合併した場合は複雑痔瘻になることが多いため専門施設での治療が必要になります。

肛門周囲皮膚炎

肛門周りの皮膚が炎症を起こしたために、かゆみやべとつき、浸出液で下着が汚れるなどの症状が見られます。原因は、頻回の肛門洗浄、アレルギー性疾患、真菌症(カンジダなど)、肛門疾患(痔核、裂肛、ポリープ、肛門皮垂)などです。

肛門周囲皮膚炎の治療

多くの場合は、日常生活の改善と内服薬や軟膏処置で治療が可能です。原因が真菌症の場合は、軟膏処置により症状が悪化することがありますので、注意が必要になります。

診療案内